乳酸菌

複数の乳酸菌を一度に摂る方が効果的

乳酸菌と一口に括っても、その種類は非常に多く存在し、人間の体中にも異なる種類の乳酸菌がそれぞれ様々な場所で機能しています。そのため、乳酸菌との相性は人によって異なるものです。

 

1〜2種類の乳酸菌しか入っていないサプリメントだと中々効果を実感できない場合がありますが、たくさんの種類の乳酸菌が入っているサプリメントは、自分の体質に合う菌に出会いやすく、また、それぞれの乳酸菌が相乗効果的に機能するため、多くの人が便秘解消免疫力アップの効果を実感できる傾向にあります。

 

乳酸菌の種類と摂るべき量

 

種類を挙げてみると、乳酸菌の中でも一番有名であるビフィズス菌などは、大腸の中で乳酸・酢酸を作り腸内を悪玉菌の住みにくい環境を作り、その他、ビフィズス菌の持つ殺菌作用で悪玉菌を減少させる働きもしてくれます。

 

ガセリ菌は生きたまま人の腸に定着し、最大90日と長期間に渡って留まり、体重やBMI減少などのダイエット効果がある菌であると言われています。

 

ラブレ菌は京漬名物の「すぐき漬け」から発見された乳酸菌で、整腸作用と共に免疫作用をアップする事が知られ、近年様々な健康食品に用いられている乳酸菌です。

 

有胞子性乳酸菌は、殻に覆われた乳酸菌で、耐熱性に優れていることで知られ、生きたまま腸まで届く乳酸菌として、非常に注目を浴びている乳酸菌の一つです。

 

働きの異なる乳酸菌を複数摂取することは全体の健康を守ることができます。

乳酸菌の量もは多いほうが効果的

乳酸菌の種類だけでなく、摂取する量も多いほうが効果的です。乳酸菌は生きたまま摂取しても、多くは胃酸に弱いため、約9割は大腸まで届かないと言われています。

 

乳酸菌は、乳酸菌の必要量はまだ十分に検証されていないですが、腸内細菌の研究家である東京大学名誉教授の光岡知足先生によると、「腸内環境を変えるためには、1日1兆個以上の乳酸菌を摂るのが望ましい」と言います。

 

乳酸菌の種類と摂るべき量

 

海外ですが、潰瘍性大腸炎の患者に1日2兆個の乳酸菌を摂取させ続けたところ炎症が改善された効果が見られたと言います。こういった症例は他にもいくつかあるようです。乳酸菌はたくさん摂取することで、病気改善の効果も期待できます。

 

あまり乳酸菌サプリを飲んでも変化がなかった場合などは、乳酸菌のを注視して、なるべく量の多いサプリを選んでみると効果を感じることができるかもしれません。もちろん、一度に大量に摂取したからといってすぐ効果が期待できるわけではありません。毎日継続して摂取し続けることが、乳酸菌の効果を発揮させる大事なポイントと言えます。最低でも、1ヶ月は継続してサプリを飲み続け、その効果を判断すべきです。

 
トップページ 新ビオフェルミンS 善玉菌のチカラ 乳酸菌革命 乳酸菌ec-12 届くビフィズス菌