乳酸菌 サプリ 生きたまま 死菌 便秘 免疫力アップ

生きたままじゃない?死んだ乳酸菌サプリでも免疫力アップ、便秘解消に効果!

乳酸菌には腸内の善玉菌を増やし、また、免疫力を高めるなどの様々な働きがあると言われています。これまでは、「生きたまま乳酸菌を腸内に届ける」こと何より重要だとされてきました。今でも、そう思っている方はきっと多いと思いますし、それは間違いではありません。

 

しかし、実際に『生きた乳酸菌』を摂取したとしても、その多くは強酸性の胃液で殺菌されてしまいます。また、その胃液での破壊を逃れて生き残ったわずかな乳酸菌ですら、腸内に住み着いている他の細菌や白血球によって、排除されやすいと言われます。実際に生きたまま腸内に住み着いて善玉菌を増やしているとは言えないと言う事です。

 

死んだ乳酸菌でも大丈夫?

 

そして、胃酸で死んでも加熱で死んでも整腸効果には変わりがない事も最近の研究ではわかっています。乳酸菌が腸へ届くまでに生きていなければいけないのは、人の体のためではなく、乳酸菌自身が乳酸を発酵させるためでもあり、一般的に言われている生きた乳酸菌の整腸メカニズムは、単に「こうだったら良い」という希望にしか過ぎないと言われます。

 

実際に今では、乳酸菌ec-12のように、コストが安く、生産ラインを汚さない「死菌」の使用を看板を掲げて販売されている乳酸菌サプリも多く存在します。

 

ですがこう言われる理由も、生きた乳酸菌を飲んで、それが腸内で増えたという研究データが実はまだ一つもない事実があります。つまり、エビデンスが無いというわけです。生きた乳酸菌を腸まで届ける事の優位性をを裏付ける証拠がないのでは、その論旨も成り立ちようがありません。

 

一方で生きた乳酸菌を腸へ送る事の有効性を否定する研究データもないのです。確かに有胞子性乳酸菌など殻に覆われ生きたまま腸まで届く乳酸菌が活用されたり、カプセルに技術的な改良を施すなどして、生きたまま乳酸菌を腸まで届ける開発努力も現在も行われています。

 

死んだ乳酸菌でも大丈夫?

 

ここで生きた乳酸菌が良いのか死んだ乳酸菌が良いか議論をすると絶えません。作業仮説として、当サイトでは「生きたまま腸まで乳酸菌が届く」と言うポイントは、それほど重要でないものと判断し、敢えて参考基準として見ています。

 

 
トップページ 新ビオフェルミンS 善玉菌のチカラ 乳酸菌革命 乳酸菌ec-12 届くビフィズス菌